ブラジャーの付け方

ブラジャーの付け方がバストアップにつながる

ブラジャーを付けるときも注意が必要なんです。ブラジャーは毎日付けるために、付けるときに何も考えずに付けてしまう人は多いのですが、その付け方はバストを垂れさせて締まっているのかもしれません。

 

きちんと正しくブラジャーを付けていれば、見た目がキレイになるだけではなく、バストアップにもなりますので、正しい付け方でブラジャーを付けましょう。まずブラのストラップを肩にかけます。

 

次に身体全体を前に倒し、アンダー部分をカップにピッタリと合わせたらホックをしましょう。次に両脇の肉をバスト中央に向かって寄せます。この時に下からも持ち上げるように寄せて下さいね。さらに背中の肉も一緒に持ってくると、バストをキレイに見せることが出来ます。

 

これを両方やったら、ストラップを調整してください。緩すぎずきつすぎないようにするのがポイントです。ストラップは洗濯の際に、どうしてもずれてしまいます。ブラジャーを付けるたびにストラップは調整しましょう。

 

そして最後にチェックをしましょう。チェック項目は5つです。カップからバストがはみ出ていない・脇肉がはみ出ていない・前中心が浮いていない・ストラップが浮いていない又はくいこんでいない・アンダー部分に肉が乗っていない又は浮いていない。

 

このチェック項目に問題がなければ、正しくブラジャーを付けている状態です。正しいブラジャーの付け方をしていないと、それが固定されてしまいバストが垂れてしまう原因にもなります。ブラジャーを正しく付けて、バストアップをするようにしましょう。